ライトニングケーブル一本でiPhoneもバッテリー本体も充電できるという天才バッテリー

thumbnail.jpg
ガジェット

ライトニングケーブル一本でiPhoneもバッテリー本体も充電できるという天才バッテリー

バッテリー容量6000mAh Amazon販売価格1699円の、ライトニングケーブルで本体を充電できるちょっと変わったバッテリー

最終更新日:2015年10月22日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

以前ブログで紹介した、ライトニングケーブルでバッテリーを充電できるバッテリー

このバッテリーの大容量版(6000mAh)が先日から登場し、レビュー用に1台提供いただきましたので、紹介したいと思います。

iPhone6を2回充電できるのにすごく薄くて小さい

このバッテリーが優秀なのは、iPhone6をおよそ2回充電できる6000mAhという容量でありながら、手のひらに収まるコンパクトサイズで、なおかつ非常に薄い製品であること。

さらに、充電のボタンなども一切付いておらず、バッテリーとiPhoneを接続するだけで自動的に充電が開始されるので、いろいろ面倒がなくて実に快適。

IMG 0616

バッテリーは、単純にiPhoneとだいたい同じくらいの厚さで、ほんとにこれで6000mAhもあるんだろうか、と感じるレベル。とにかく薄くて小さいです。(厚さ12mm)

IMG 0614

iPhone6 plusであれば、ちょうど縦も横もiPhoneより小さいため、充電しつつ本体を操作する、てのもまぁまぁ快適に行えます。

IMG 0389

この製品の最大のウリであるLightning端子での本体充電部分。出力は1個だけですが、この製品は基本iPhoneの充電にしか使わないだろうから、特に困ることはないかと思います。

IMG 0617

強いて難点をあげれば、バッテリーの残量が充電中の色からしか判別できないところ。あとどんだけ充電できるのか、目で見ても全然わからないんで、家に帰ったらきちんと毎日充電する必要がありそうです。

IMG 0613

また、充電中の最大出力電流が、今は最早常識になりつつある2Aではなく1.5Aで、充電の速度がちょっと遅いこと。

とは言え、iPhoneの充電も、バッテリー自体の充電もどちらもライトニングケーブル1本でできるのはものすごーく便利で快適。

ちょっとしたお出かけだけでなく、1泊2泊の旅行でも、ケーブルを減らせると気分的にかなりスッキリします。

2015年10月現在の価格1699円というのも、けっこう気楽に買える魅力的なお値段。

もはやバッテリーなんてどれ買っても一緒やん、という時代の中でも、これはホントに特殊で面白い製品で、コンセプトに合致する人にはたまらん製品だと思います。

普段持ち歩く電子機器はiPhoneだけ、って人にはすごーくオススメ!

参考

バッテリー自体をライトニング端子で充電すればケーブル1本で済むやんという天才的アイデア商品 | ごりゅご.com