魚眼レンズで自撮りが楽しい!iPhoneに取り付けられる3種の魚眼・広角のカメラレンズを比較してみた

IMG_4569.jpg
ガジェット

魚眼レンズで自撮りが楽しい!iPhoneに取り付けられる3種の魚眼・広角のカメラレンズを比較してみた

iPhoneの写真の幅を広げてくれるアタッチメントレンズ。1500円程度の安価なものと1万円程度のものを比べてみました。

最終更新日:2016年3月8日
ツイートする
ブックマークする
Evernoteへ送る
あとで読む

IMG 4569

Aukeyの中の人より、約1500円で購入できるiPhone用のアタッチメントレンズ3種セットをレビュー用にご提供いただきました。

iPhoneのカメラのに取り付けてやると、写る範囲が広がったりなんかして色々遊べるレンズです。

わりと最近、この「iPhone拡張レンズ」は気に入っていて、家に「Photojojo IRISレンズ」と、olloclipというまぁまぁお高いレンズ(3~4種くらい合計で1万円くらい)が家にあったので、色々と比較してみました。

3つのレンズの概要

とりあえず最初に、ざっと3つのレンズをご紹介します。

Photojojo IRIS

海外のカメラグッズ通販ショップ?のPhotojojoで買えるiPhone拡張レンズ。これもだいたい1万円くらい。

Rens 3

ちょっと独特な形状で、アダプターでレンズがずれないようにしてから、ゴム紐で固定するという代物。

このケースは「ケースの中にアダプタを仕込む」という技を使うことで、ある程度の範囲のケースは「つけたままで」レンズ装着ができる。

魚眼、広角、マクロ3個セットで$100くらいで、1個だけなら$69。
(記事執筆時はセール価格でもっと安い)

ゴムのつけ方がなんか難しくて最初は戸惑うんだけど、慣れればさほど苦にならないし、意外にきちんと固定できる。

Iris Lens Series – Photojojo!

Aukeyのレンズ(約1500円)

まずはAukeyの約1500円のレンズ。

こいつは、レンズが3種類付属してて、レンズを回して付け替えて、クリップでiPhoneに止めるというもの。
(広角レンズはマクロと重ねる)

Rens 1

いたってシンプルなクリップという構造であるために、着脱も非常に簡単で、レンズキャップやら袋、専用ケースなど、お値段考慮したらやたらと豪華。

Olloclip

AppleStoreでも売ってる、iPhone6 6plusにジャストフィットするように作られた拡張レンズ。

Rens 2

本当に超ジャストフィットする形状で、今使ってるラプソルの両面保護フィルムを貼ったままだと、クリップを取り付けることができないという代物。

前後ろで魚眼、口角が切り替わり、レンズを外してひっくり返すとマクロレンズに変わるという、これもまた変わり種。

だいたい1万円くらい。

カメラレンズ比較

まず、基本画像。

およそ6畳の四角い部屋で、限界ギリギリまで後ろに下がって撮影。
IMG 4551

Photojojo IRIS

IRISのレンズ

広角
IMG 4566

魚眼
IMG 4554

個人的に圧倒的に好みで最強だったのがこのIRISレンズ。

(多少画質は落ちるけど)周りがぼやけることもほとんどなく、実に綺麗に全体が写る。

魚眼レンズも、他の2つより写る範囲は小さいんだけど、歪みも小さく、何よりも「黒いところ」がほぼゼロ。

個人的にはこれなら「文句ない出来」

Aukey

比較用の標準カメラの画像はこれ
IMG 4551

Aukeyの広角レンズで撮るとこんな感じ
IMG 4563

Aukeyの魚眼
IMG 4556

魚眼レンズは結構「黒いところ」が多いですが、ほぼ真横に近いくらいのところまでの範囲が写ってます。

全体的になんだかちょっと曇った感じで、周囲はかなりぼやけた画質に。

広角レンズでも、やはり周辺は結構ぼやけます。

1500円というお値段を考えれば十分なんだけど、ちょっと「大きい画像」で見るのは辛い。

見方を変えれば、ブログに載せる程度の大きさならば「広く撮れる」メリットは大きいかも。
(お店とかの室内の全体図はすごくわかりやすくなる)

Olloclip

もう一度比較用の標準カメラの画像
IMG 4551

広角
IMG 4561

魚眼
IMG 4557

Olloclipのレンズも、魚眼は「黒いところ」が結構できる。

Aukeyほどじゃないんだけど、周りはちょっとぼやけます。

また、このレンズは「完全裸のiPhone」でしか使えないというのもちょっと面倒。

デザイン、持ち運びやすさなどは最強にスマートで便利なんだけど、価格差や使いやすさを考えるとオススメはできないかなぁ。

全体比較

1個1個並べても分かりづらいかもなので、4枚並べた画像をどうぞ。

左上、右上、左下、右下の順に「標準、IRIS、Aukey、Olloclip」です。

広角レンズ
IMG 4571

魚眼レンズ
IMG 4569

こうやって並べてみると、結構画角なんかも違うもんだなぁ、と思います。

また、ちゃんとした画像を見比べやすいように、Flickrにアルバムを作りました。

画像クリックすれば大きい画像で比較できます。
iPhoneレンズ比較

広角or魚眼レンズがあると自撮りがものすごく捗る

もともと、嫁が「魚眼レンズ」というものが好きで、PhotojojoのIRISも嫁がネットで見つけてきて買ったものでした。

嫁は気に入っていろんなところで使いまくっているんですが、これがなんか実に楽しい。

大勢集まった時にみんなが簡単に映るし、何よりも旅行なんかに行った時に、景色もいっぱい映るし、セルフィー(自撮り)がすごく簡単。

写る範囲がすごーくでかいから、カメラをテキトーに自分に向けて、側面のボリュームボタンでシャッターを押してやれば、自撮り棒を使ったかのような広範囲の撮影が可能です。(IRISの魚眼レンズ)
Jidori 1

iPhoneのカメラはフロントカメラよりもバックカメラの方が画質がいい、ってのも結構大きいです。

iPhone6sから、だいぶフロントカメラの画質が良くなったとはいえ、このくらいのレベル。
(この写真は撮影条件がちょっと悪いですが)
Jidori 2

写る範囲もだいぶ違うし、画質もやっぱりだいぶ違います。

個人的には、Photojojoの魚眼レンズが最強に素晴らしいと思うんですが、コスパ考えたらAukeyの広角レンズでもまぁ悪くないかな、と。

セルフィーなんてなーんも興味なかったけど、子供ができると一緒に写真撮りたくなるんすよねぇ。

自撮り棒が厳しくなった現代には、非常に便利なツールなのではないかと思いますこれ。

参考

せっかくなのでAukeyの広角レンズでの自撮りも試してみました。
(上:Auke広角レンズ 下:フロントカメラ)
20160307235308

Iris Lens Series – Photojojo!