今なら無料で手に入る「Nebo」というiPadの手書き認識ノートアプリがすごかった!

お絵かき

今なら無料で手に入る「Nebo」というiPadの手書き認識ノートアプリがすごかった!

Apple Pencilを持っている人は一度試してほしい。それくらい文字認識精度が高いノートアプリが登場しました。リリー […]

最終更新日:2017年2月5日

Nebo

Apple Pencilを持っている人は一度試してほしい。それくらい文字認識精度が高いノートアプリが登場しました。リリース記念かな?今だけ無料で手に入るMyScript Neboアプリを紹介します。

MyScript Nebo

NeboはiPad用ノートアプリ(Apple Pencilに最適化されたアプリ)
※Apple Pencilがないと読み取り専用で書き込みができない。

01 Neboの画面

最新の手書き変換システムが使用されていて、手書き文字の認識精度も高く処理も早い!

MyScript Nebo(公式サイト)

リアルタイムに手書き文字が文字認識されていく(グレー文字の部分)
ペンの太さ:0.15〜1.0までの6種類、ペンの色:8色で文字が書ける
03 リアルタイムに文字変換

書いた文字をダブルタップすると、テキストに変換
04 変換結果

今回男の家事の一部を書いてみたけど、誤認識なし100%完璧にテキスト化されました。
テキストへのリアルタイム変換の様子を見てると、前後の文字から推測して文字認識してる感じ。

追加メニューから画像、スケッチ、ダイアグラム、数式などの挿入が可能
写真の大きさを変えたり、好きな場所に移動できたりと自由度も高い。
10 追加から画像の挿入が可能

Neboの使い方(ジェスチャーでの操作方法など)

アプリ起動後に表示される画面でペンシルをつかって画面に書き込めば接続完了
02 ApplePencilの接続

まず最初に「言語の管理」から日本語を追加します。
※日本語を追加しないと、日本語で書いても文字認識できません。
11 言語を管理

下の方にある「日本語(日本)」をタップしてダウンロードします。
12 日本語の追加

ジェスチャーでの操作方法

文字の削除や改行などもすべてペンシルで操作します。

05 Neboのジェスチャー

文字を削除するときは編集画面でスクラッチアウト

改行するときは上から下に線をかく(すこし長めに線を書くと「1」と誤認識されにくい)

ダブルタップでテキストへの変換と再編集が切り替えできる(あとから再編集が何度でもできる)

Neboの文字装飾方法

書いた文字を四角くかこめば見出しレベルになったり、下線を引くと強調、行頭記号を書けばリストになる。
06 Neboの文字装飾

ダイアグラムや数式にも対応

ラフに書いた図形を清書(美化)してくれるダイアグラム
色も勝手に塗られる。後から図形の場所や大きさなんかも変更可能。
07 ダイアグラムもかける

08 ダイアグラム美化

数式にも対応していて変換が可能
09 数式もかける

書き出し機能もあるが現時点では難あり

13 エクスポートメニュー

書いたノートは「テキストとして共有」や「HTML形式でエクスポート」できるのだけど、現時点で「テキストとして共有」を使用すると文字が重複してしまい使い物にならない感じ。
「HTML形式でエクスポート」は問題なくできるので、書き出しの場合はこちらがおすすめ。

まとめ

現時点では書き出し機能に不具合があるものの、手書き文字の認識精度はだんとつ。
手書きのノートアプリとしてかなり使えそうです。

Apple Pencilを持っている人はぜひアプリをダウンロードして試してみてね!期間限定無料となっているので、お早めに(`・ω・´)

お絵かきカテゴリーの記事を全部見る