Apple WatchのSuicaは表向きでも横向きでも使える

シゴタノの記事を読んで「Apple Watchは文字盤を読み取り部に当てなくても使える」ってことを知ってから、Apple WatchでSuicaの改札を通るのがだいぶ楽になりました。

文字でうまいこと意味を説明しづらいんですが、Apple WatchでSuicaやApple Payを使うときには文字盤の方を読み取り機に当てる必要はなくて、手のひらとか手の横くらいをかざしてやれば使えるんです。

改札を通過する際は、最初は手首をひねって文字盤が接触するように“配慮”していたのですが、ひねらずにそのままApple Watchを着けている手首をタッチするだけで認識してくれることに気づいてからは、実に快適になりました。

Apple Watch Series 3 を21日間使ってみた感想 | シゴタノ!

実際に「横向きで改札を通る」ってのをやってみたのがこれ。

改札を通る瞬間はこんな感じになってます。

SuicaとかApple Payって「非接触型ICカード」なので当たり前っちゃ当たり前なんですが、なぜか思い込みの力で文字盤を読み取り機に向けて使ってました。

私は「右手にApple Watch」が苦手なので、まだまだやっぱり改札通るの大変(それでもなんだかんだiPhone取り出すより楽だと感じるようになった)ですが、右手にApple Watchつけてるような人はかなり神がかって改札通るのが楽になるのではないかと思います。

オーディオブックで目を節約する

現代社会のありとあらゆる場面で超重要な「目の疲れ」
少しでも目の負担を減らすためにオーディオブックを聴くようになったらすごくいろいろ便利になりました。

この記事を書いた人

五藤隆介(goryugo)

「仕事効率化」「ライフログ」「家族Hack」「デジタル情報共有」みたいなことを書いてます。
年に1〜2回子連れで長旅をするようになり、新しく旅行・お出かけブログも作りました。
2018年4月からはPodcastも毎日配信中。

iPad Workers

月額1500円で月1回のiPadオンラインセミナー
受講&iPad活用のヒントになる情報をお届けします。iPad Meetup(Zoom座談会)も開催します。
ライスワークやライフワークにiPadを活用したい人におすすめのコミュニティです。